解体助成金申請サポート

老朽化した空き家の撤去費用(空き家除却)は、自治体によっては、助成金が出ており、その流れは加速しています。

解体前に各自治体の最新の情報を入手し、助成金を申請することで、解体費用が抑えられます。

東京都内で助成を行っている自治体

2014年8月3日現在

  • 荒川区
  • 足立区
  • 北区

荒川区

危険な老朽空家住宅の所有者(個人又は中小企業に限ります。)に対して、危険な老朽空家住宅の除却に要する費用の3分の2の額を助成しています。

1件につき100万円が上限です。

足立区

戸建住宅(木造・非木造)、共同住宅(木造・非木造)、住宅兼店舗(作業場)、向上、倉庫、物置、塀、門等を対象に、助成額消費税分を除く解体工事費用を助成しています。

木造は5/10かつ50万円以下(平成25年1月1日から平成28年3月31日までは9/10かつ100万円以下)、非木造は5/10かつ100万円以下です。

北区

北区内にある木造の危険な老朽家屋を対象に、工事に要した費用(仮設工事費、建物及び付属物撤去費等)の2分の1を乗じて得た額(1,000円未満切り捨てる。)を助成しています。

ただし、1件につき80万円を限度とします。

不動産売却に成功するための7つの秘訣
電話受付窓口 受付 10:00-18:00 お問い合わせ お見積り

空き家管理サポートプラン

空き家管理メニュー

空き家活用サポートプラン

空き家管理ニュース

関連リンク

PAGE TOP